運気上昇の神様 門真市最古の神社

古事記・日本書紀に記される我が国最古の築堤

『茨田堤(まんだのつつみ)』に鎮座

日本書紀に記される浮かびひょうたんの伝承

運気上昇の神様 門真市最古の神社

堤根神社は、古事記や日本書紀に記される日本最古の堤防

茨田堤(まんだのつつみ)の築堤を起源とする約1600年の歴史を有する門真市最古の神社です。

 

特に日本書記にはひょうたんを使って人身御供を逃れたという説話もあり、築堤には多大なる人々の知恵と努力の結晶でありました。そしてこの茨田堤の完成によって古代日本の経済的基盤が確立されたと言われ、現在の大阪の発展の礎となったと言っても過言ではありません。

 

現在では、ひょうたんの伝承による運気浮かび上がりや防災の神様だけではなく、地域の氏神様としてお宮参りや七五三、安産祈願

などの人生儀礼また厄除け、家内安全等々、様々な願いをかなえてくださると、多くの方々のご参拝があります。

お知らせ

2020年

1月

25日

各種ご祈祷について

厄除けなど各種のご祈祷を執り行っております。

午前9時より午後4時まで受付致します。

お休みはありません。

ご祈祷はお一組ずつ行いますので、事前のお申し込みを頂きたく存じます。

地鎮祭など外出している場合もありますので、平日は必ず事前にご予約ください。土日、祝日もなるべくご予約頂けますようお願い致します

2019年

12月

12日

浮かびひょうたんについて

浮かびひょうたん

 

ひょうたんは、古来より身近な幸福を授かる
縁起物として伝わっています。
『堤根神社とひょうたんのいわれ』の通り
皆様と堤根の神様とのご縁を結ぶお印として
毎年境内ではひょうたんを栽培し日々神々に
祈りを捧げております。
毎年収穫しましたひょうたんで『浮守』を
奉製しお頒ちしておりますが、数に限りが
有りご希望の皆様にお受け頂く事が難しい
状況でありました。

そこで今年よりご縁がありひょうたんを調達する事が出来ましたので

『浮守』同様に神様とご縁を結んで頂けるよう手作りで一体ずつ

『浮かびひょうたん』を奉製しお頒ち致します。
浮かびひょうたんはご神前で栓を外し無限に広がるひょうたんの空間に

堤根神社の神様方のお力がこもるように、願いのお心が浮かびあがるように祈願し栓を閉じております。
お受けになりましたら栓を開け、願いを込められ(申し上げ)栓を閉じ、神様との心をお結び下さい。浮かびひょうたんは神棚、もしくは皆様のおそろいのお部屋にてお祀り頂き、そして日々撫でられましてその願いが浮かび上がるようにご祈念下さい。祈願成就の暁にはお礼の心を持ってお参りになりお納めお祈り下さい。

初穂料:1500円 60体限定

 

 

 

 

2019年

12月

12日

令和2年厄年表

2019年

12月

12日

令和2年初詣について

初詣はご家族おそろいで

地元の氏神様へ

 

 

 

 

 

 

 

 

      

 

 

社頭受付について

◎大晦日より元旦

23時頃よりかがり火を焚きお参りの準備をしております。

午前0時よりお神酒の授与

 

授与所受付時間

元旦  :午前0時より午後6時頃

2,3日:午前9時より午後5時頃

 

新年祈祷について

元旦    :午前0時より2時と午前9時より午後5時

2,3日:午前9時より午後5時

 

お正月三が日の受付は御殿で行っております。直接御殿にお入りください。

ご祈祷は受付順で行います。(予約不要)

例年数組お待ちいただく事がございます。ご迷惑をおかけ致しますが、少し時間に余裕を持ってお越し下さい。

1月4日以降はご予約にて行いますので、事前にご連絡下さい。

2019年

12月

03日

師走大祓について

恒例により12月22日(日)午後3時より師走大祓神事を執り行います。

神事に用いるカタシロは社務所の受付のございますので、ご自由にお持ち下さい。

尚、カタシロは12月21日(土)までに神社へお申し込み下さい。

詳しくは社務所までお尋ね下さい。

Facebookページ

厄除けなど各種ご祈祷について